人見知りさんと

職場は40歳すぎのおっさんだらけ。みんなプロジェクトが違うから仕事のことで話すことはないが、雑談をよくしている。そのおっさん集団の中に一人だけ60歳目前のおじいちゃんがいる。おじいちゃんは人見知りのようで、まわりにあまり馴染めていない。そこで私がおっさんらとの間を取り持とうとおじいちゃんに話しかける。しかしおじいちゃんは吃ってしまい、申し訳なさそうにする。いたたまれない。まあ別に無理して話す必要はないからいいんだけど、でもせっかくみんな気のいいおっさんだし、仕事の経験も豊富だから、いざというときに備えて仲良くしておくほうが得だと思う。だからといって無理におじいちゃんを輪に加えるのも不本意だし、どうしたものか悩む。人見知りの人の場合、「うまく話せないから話しかけないでほしい」「うまく話せないけど輪に入りたい」「そもそも他人と話すのが好きではない」のどれかだと思うのだが、おじいちゃんはどれなんだろう。わっかんねーなー。