『傷だらけのカミーユ』ピエール・ルメートル

『悲しみのイレーヌ』『その女アレックス』のヴェルーヴェン警部シリーズ三部作の最終作。『その女アレックス』に続き、イギリス推理作家協会賞の2015年度インターナショナル・ダガー賞を受賞。 アンヌという女性が二人組の強盗に殴られ瀕死の重傷を負った。警察からカミーユに電話がかかってくる。アンヌの携帯の連絡先のトップにあったのがカミーユの電話番号だったからだ。カミーユは病院に駆けつけ、アンヌとの関係を誰にも明かすことなく、事件を担当することにする。しかし強引なうえに秘密裏の捜査活動は上司たちから批判され、事件の担当を外されるどころか、刑事として失格の烙印さえ押されそうになる。カミーユはいったいどのようにして窮地を脱し、いかに犯罪者たちを追い詰めることができるのか。シリーズ累計100万部突破。2016年「週刊文春ミステリーベスト10」第1位。

3部作もこれでおしまい。物語初っ端からアルマンが死んでしまい悲しい。カミーユはこれまでにない暴走っぷりで、ルイやル・グエン頼ってくれと手を差し伸べても無視してしまうんですが、それは周りを巻き込みたくないという、カミーユなりの優しさでもあるんだけど、でも頼ってもらえない辛さを抱える2人の気持ちもわかるので、読んでてその思いやりのズレみたいなのが寂しく感じました。今回のカミーユは、惚れた女に裏切られるし、警察内で疎まれるし、元同僚に恨まれるしで 、タイトルの通り傷だらけ。それでもやっぱり勘の鋭さはピカイチで、ぐいぐい核心に迫るんだけど、それと同時に色々失ってもいて、それでも構わず最後までやり遂げる、過程はめちゃくちゃだけど、最後には結果を出す、というところが誰かに似てるなーと思ったら24のジャック・バウアーですね。やることはやるんだけど、やり方が最短距離を行くから雑!ってところがそっくり。全体を通してどうだったかというと、よくわかりません。犯人はお前だったのかというような驚きはあったけど、なんか突然現れたし。。面白さでいうとアレックスのほうが上かなーという感じ。いずれにせよ、カミーユはそろそろ引退してドゥドゥーシュとのんびり過ごしてほしいと思いました。