『贖罪』湊かなえ

贖罪 (双葉文庫)

贖罪 (双葉文庫)

15年前、静かな田舎町でひとりの女児が殺害された。直前まで一緒に遊んでいた四人の女の子は、犯人と思われる男と言葉を交わしていたものの、なぜか顔が思い出せず、事件は迷宮入りとなる。娘を喪った母親は彼女たちに言った―あなたたちを絶対に許さない。必ず犯人を見つけなさい。それができないのなら、わたしが納得できる償いをしなさい、と。十字架を背負わされたまま成長した四人に降りかかる、悲劇の連鎖の結末は!?特別収録:黒沢清監督インタビュー。

最初にあらすじを読んだときは、全員が犯人の顔を覚えてないってどういうことだ、と思っていましたが、最後まで読んで腹落ち。話は独白形式で進み、それぞれが事件前の自分の生い立ちから事件当日の行動、そして今に至るまでを淡々と語るのですが、なぜ犯人の顔を覚えてないのか、なぜそういう行動をとったのか、という部分でキャラクター背景がしっかり作り込まれ、書き分けられているので理解しやすく、最終的にそれがすべて繋がり、すーっと紐解かれていく感じがすごく面白かった。おすすめです。とはいえ一貫して暗い話なので、ハッピーエンドを求める人にはおすすめしません。