『勝手にふるえてろ』綿矢りさ

勝手にふるえてろ (文春文庫)

勝手にふるえてろ (文春文庫)

恋愛しないとだめですか?賞味期限切れの片思いと好きでもない現実の彼氏。どっちも欲しい、どっちも欲しくない。迷いながら、ぶつかりながら、不器用に進んでいく。片思い以外経験ナシの26歳女子が、時に悩み時に暴走しつつ「現実の扉を開けてゆくキュートで奇妙な恋愛小説。
江藤良香、26歳、OL。中学時代の同級生への片思い以外恋愛経験ナシ。おたく期が長かったせいで現実世界にうまく順応できない不器用な彼女だったが、熱烈に愛してくる彼が出現! 理想と現実、ふたつの恋のはざまで右往左往、揺れ動くヨシカ。時に悩み、時に暴走しながらやがて現実の扉を開けてゆく。遅咲きの主人公はコミカルながら切なく、そして愛おしい。妄想力爆発のキュートな恋愛小説が待望の文庫化。

主人公の思考がとにかく面倒くさい。もう二と付き合っちゃえばいいのに、いつまでも貞操うんぬんだとか王子じゃないだとか文句ばっかり頭の中で考えていて、女の面倒くさいところが前回でした。でも二に対する脳内ツッコミには共感できるものがあったので、私も面倒くさい方なのかもしれませんが、私だったら自分に好意を持ってくれている二に即決するのでやっぱり違うと思いました。本編のあとの"仲良くしようか"は、脈絡がなくて抽象的でふわふわ不思議な雰囲気の話が、ぶわーっと押し寄せるようで、夢みたいな感覚で読めてよかった。夢と言えばパプリカを思い出して、久しぶりにサントラを流しています。白虎野の娘いいわー。

↓無料配信されてるのでぜひ聞いてください。
パプリカ・サウンドトラック発売記念 無料配信!

パプリカ オリジナルサウンドトラック

パプリカ オリジナルサウンドトラック