平凡謳歌

なんてことない日常の記録

『オーデュボンの祈り』伊坂幸太郎

オーデュボンの祈り (新潮文庫)

オーデュボンの祈り (新潮文庫)

コンビニ強盗に失敗し逃走していた伊藤は、気付くと見知らぬ島にいた。江戸以来外界から遮断されている“荻島"には、妙な人間ばかりが住んでいた。嘘しか言わない画家、「島の法律として」殺人を許された男、人語を操り「未来が見える」カカシ。次の日カカシが殺される。無残にもバラバラにされ、頭を持ち去られて。未来を見通せるはずのカカシは、なぜ自分の死を阻止出来なかったのか?

伊坂幸太郎は何作か読んでるけど、デビュー作のこれが一番読みやすかったです。難しすぎないでちょうどいい。空気感はほんわかしてるんだけど、いきなり人が死んだりするんだけど、いつものことよ、みたいなゆるい感じで、どこか現実離れしたぶっとんだ設定が面白かったです。最後はハッピーエンド。主人公が重力ピエロに登場しているんだとか。要再読。