平凡謳歌

なんてことない日常の記録

『世界から猫が消えたなら』川村元気

郵便配達員として働く三十歳の僕。ちょっと映画オタク。猫とふたり暮らし。そんな僕がある日突然、脳腫瘍で余命わずかであることを宣告される。絶望的な気分で家に帰ってくると、自分とまったく同じ姿をした男が待っていた。その男は自分が悪魔だと言い、「この世界から何かを消す。その代わりにあなたは一日だけ命を得る」という奇妙な取引を持ちかけてきた。僕は生きるために、消すことを決めた。電話、映画、時計…僕の命と引き換えに、世界からモノが消えていく。僕と猫と陽気な悪魔の七日間が始まった。二〇一三年本屋大賞ノミネートの感動作が、待望の文庫化!

誰もが何かしら抱えている孤独とか、喪失感みたいな暗い感じがあったり、かと思えばほわわっと暖かい気持ちにもなれる、まわりの人に勧めたくなる優しいお話でした。毎日ぼけーっと生きてるけど、お日様がぽかぽかだったり、うとうとお昼寝したり、湯気がほわほわしてるお味噌汁を飲んだり、好きな人と笑いあったり、ついつい夜ふかししてしまったり、それはとても幸せなことなんだなーと再認識した。たびたび出てくる猫のフーカフーカした感触っていう表現が愛おしい。つかカバーの猫かわいい。