平凡謳歌

なんてことない日常の記録

『その女アレックス』ピエール・ルメートル

その女アレックス (文春文庫)

その女アレックス (文春文庫)

おまえが死ぬのを見たい―男はそう言ってアレックスを監禁した。檻に幽閉され、衰弱した彼女は、死を目前に脱出を図るが…しかし、ここまでは序章にすぎない。孤独な女アレックスの壮絶なる秘密が明かされるや、物語は大逆転を繰り返し、最後に待ち受ける慟哭と驚愕へと突進するのだ。イギリス推理作家協会賞受賞作。

この人の作品は前作もそうだけど今作も期待を裏切らず可哀想でいっぱいでした。毎度殺し方がえぐい。はじめは被害者、そして加害者となり、また被害者になって、最後は、、、と見事にアレックスに振り回されました。前作で読みづらいと感じたカタカナだらけの人名も、主要メンバーは変わってないのでするする入ってきて、気にならなかったし、そこまで言わなくてもくらい、しみったれ扱いされているアルマンが実は良い奴すぎて、イレーヌが好きと言っていた意味がわかった。面白かったー。