平凡謳歌

ゆるゆるした日常の記録

『闇の守り人』上橋菜穂子

闇の守り人 (新潮文庫)

闇の守り人 (新潮文庫)

女用心棒バルサは、25年ぶりに生まれ故郷に戻ってきた。おのれの人生のすべてを捨てて自分を守り育ててくれた、養父ジグロの汚名を晴らすために。短槍に刻まれた模様を頼りに、雪の峰々の底に広がる洞窟を抜けていく彼女を出迎えたのは――。バルサの帰郷は、山国の潜んでいた闇を目覚めさせる。壮大なスケールで語られる魂の物語。読む者の心を深く揺さぶるシリーズ第2弾。

守り人シリーズ2作目。今回はバルサの故郷カンバルが舞台で過去にケリをつけに行くお話でした。ジグロがそもそも自分の娘でもないバルサを、自分の全てを投げうって死ぬまで守り通した所に違和感があった。なんで他人の娘にそんなに尽くせんの?って。だから洞窟でジグロの本心が聞けてなんだかスッキリした。カンバルの闇の部分がクローズアップされるので嫌な奴が出てくる出てくる。カンバルではジグロは汚名を着せられて悪い奴ということで通ってるので、事の真相を知っているバルサをどうにか殺してしまおうと考えるジグロの身内が本当に憎たらしい。何も知らない人々にバルサは悪い奴だと嘘を吹き込んだりしてさ、黄門様が見てたら黙ってませんよ状態。それでも最後はきれいにまとめあげてくれるあたりさすがでした。