平凡謳歌

ゆるゆるした日常の記録

消えた夏休みの記憶

つらい初日の終了である。
今日が月曜の感覚でいたのでゴミの分別を間違えた。今日は資源ごみじゃなくて燃えるゴミだ。ボケてる。

自分でも驚いたのだけど、初日だって言うのに案外すんなりと仕事をこなせた。なんなら夏休み中の記憶がすっぽ抜けて夏休み前のことを昨日とか言い出す始末だ。サラリーマンの血がそうさせるのだろう。

夏休みの記憶がなくなったので、もう一度夏休みをやり直したいと言ったら却下された。ですよね。