平凡謳歌

ゆるゆるした日常をここに記す

ホルマリン

f:id:omayu888:20170809013743p:plain

高校の理科の時間、お得意の解剖の授業があった。カエルあたりが定番なのだろうがうちのクラスだけ豚だった。担任の教科が理科だったから気合いが入ってたのかもしれない。 準備室からホルマリン漬けの豚が運ばれてきて前の作業台にどばーっと広げられる。それを手袋をつけてぺたぺた触った。そしたらどっかのバカが小腸をぶんぶんして投げやがったのがわたしの腕にヒット。一日ホルマリンの匂いがとれなかったのが忘れられない。


たまにいる若くて化粧濃い系の"ギャル"に属する女の子達。あのこたちのつけているきつめの香水がなんか嗅いだことあるぞと思ってたのだが、あれはホルマリンの匂いだ。腕についてとれなかった忌々しいあの匂いと思い出すだけでちょっと嫌そうな顔になるので気をつけたい。