平凡謳歌

ゆるゆるした日常をここに記す

社会的証明の原理と最強の虎

f:id:omayu888:20170730012323p:plain

今読んでいる本に出てきた「社会的証明の原理」という単語。
調べるとものすごく日本人ぽさがにじみ出てた。

社会的証明 - Wikipedia

なんなく多数に流されやすいという感じの意味合い。

流されれば楽だしなんとなく正しい感じがする。学生なんてまさにそれだ。赤信号みんなで渡ればこわくないってやつ。

もういい大人だし自分の意見をしっかり持ちたいと思っているけど、我が強すぎるのもそれはそれで問題なのでほどほどにいい塩梅を目指して。


我が強いと言えば、わたしの世代は「五黄の虎(ごおうのとら)」というんだとか。最強の運を持つ世代で特徴はとにかく強引とか強情とか考えを曲げないとか強いづくし。更に1986年の場合、十干の「丙(ひのえ)」という太陽のオプションがついてより強いんだという。

五黄の虎は36年周期、丙は10年周期でやってくる。ということは五黄の虎+丙は180年に一度やってくるということだ。つまり今生きている人類の中で最強世代ということである。 実際は普通に生きている分にはこの世代が特に強かったイメージもないので、血液型占いなんかと同じで、聞いたら「あーたしかに」という程度なんだろう。

昔は五黄の虎世代の女は強すぎることから女子を産むことを避ける風習もあったのだとかで、なんかもう虎すごいのである。学生のときうちの学年だけ1クラス少なかったのにも少なからず関係していそう。

今の時代だと強運はわりとポジティブとして受け取れるのでなんとなく得した気分だ。とりあえず強運の証明にそろそろ宝くじ当たれ。