平凡謳歌

ゆるゆるした日常をここに記す

テーブルに柿渋を塗る

予定通り今日はまあまあ早く起きられた。

突然ですがテーブルの色をまた変えたくて柿渋を買っていました。
まずはワックスの色があるので剥がそうと思って、余っていたシンナーでゴシゴシしてなんとか色は落とせた状態。

f:id:omayu888:20170325184224j:plain
濃いめの色からここまで落とせた。

んで次に柿渋の準備。
f:id:omayu888:20170325184231j:plainf:id:omayu888:20170325184233j:plain
柿渋と刷毛とウエスと容器。
柿渋はさらさらで匂いはほぼないです。木の香り?が少しするくらい。ハンズに売ってました。

これを容器で水と半々くらいに割ります。あとは塗るのみ。


だったのですが、、、
弾く!柿渋が弾く!

原因はbriwaxですかね。色は落ちても成分が染み込んでいたのでしょう。
仕方ないので小学生のときに買った彫刻刀でひたすら表面を削りました。

f:id:omayu888:20170325184304j:plain

この作業をかれこれ1ヶ月ほど行い本日ついに念願の柿渋フェーズへ!
やすりはもういい加減面倒なのでパス!
(本当はやったほうがいい、絶対)



それではさくさく塗ります。

f:id:omayu888:20170325184327j:plain
差分を見ようかなと半分だけ塗ったところ。今度はちゃんと染み込んだ!
(楽しくてこのあと結局全面塗りました。)

柿渋はお日様に当てておくとどんどん色が濃くなるみたいです。
今は薄いからといって重ね塗りしたり原液を塗ったりすると濃くなってしまうので、ここで塗りたい欲求をぐっと我慢。
薄ければまたあとで重ね塗りできるものね。

前回弾いたときに刷毛は一度使用しているので、木の部分がに染まっているのですが、こんな感じに濃くなっていくのだろうか?

赤みが強くて良い感じです。