平凡謳歌

なんてことない日常の記録

最近読んだ本の感想

ハピネス (光文社文庫)

ハピネス (光文社文庫)

意識高い系のちょいセレブママたちのグループに庶民が背伸びして紛れ込みまわりに馴染もうとてんやわんやするようなお話で、グループの中で浮かないようにするところとかグループにはリーダー格の女がいるとか、女あるあるでした。それにしても女ってどうして集まるとこうもめんどくさくなるのだろう。最後はまわりに振り回されずしっかり自立できたようで何より。

ハサミ男 (講談社文庫)

ハサミ男 (講談社文庫)

ずっと犯人だと思ってた男が犯人じゃなかった。読む前にそういったネタバレを軽くみてたので騙されまいと注意深く読んでいたにもかかわらず騙されました。再読したくなる系です。改めて読み直すと視点が切り替わる瞬間とかがわかっておもしろい。

魔女の宅急便 (角川文庫)

魔女の宅急便 (角川文庫)

原作のトンボは初登場時にキキの箒を盗み黒いワンピースを着て丘から飛ぼうとしたがもちろん飛べないので(魔女は血で飛ぶから)こけて箒を折ってしまうような大馬鹿者でした。ジブリ版とは結構違う。絵本のような語り口で読みやすかったです。一年後の里帰りのところで泣いた。

大人のきれいめワンピースが着られない

アロハ柄とハイビスカス柄のいい感じに島っぽく浮かれたワンピースを買いました。あとスケスケ防止にベージュのペチコートも。夏休みの石垣島で着ようと思っているのでちょっと派手めです。そういえばせっかく前にZOZOスーツで計測したので、今回検索するときに自分サイズにチェックを入れてみたら、腐るほどあるはずの服の数がどっと減ったので驚きました。サロペットのカテゴリなんて一ページで収まる数しか表示されません。その少ない中から探すんですけど、たまにキッズサイズが混じってくるんですよね。あれ?自分サイズどこいった?ってなった。無理すれば着られるけど着たらワンピースがピチTになるんですけどいいのかしら。ワンピースは当初三十代が着られて、落ち着いたシンプルかつベーシックな感じのやつを買おうと思ってたんですが、その系統は私のような低身長は対象とされてないことを学びました。いいな!と思ったものはモデルがだいたい165cm前後で足首くらいの丈のものばかりだったので155cmの私が着るとズルズルです。それで最終的にはもうTHE大人の女性みたいなのは諦めていつもどおり柄ものの派手系で攻めることにしたのですが、まあ私の選ぶ服の人気のないことったら。人気順ソートの後半ページに今回買ったのもあったので見落とすところでした。あとは今回買わなかったけど青ベースのパイナップル柄のやつがかわいくて欲しかったのですが、チャオズとタケシにそれはやめろと強めに言われたので我慢しました。でもZOZO以外でもパイナップル柄はあるのでまだ諦めません。それとフラミンゴ柄も好きなので「フラミンゴ ワンピース」で検索したらドフラミンゴが出てきました。お前じゃない。

買ったやつ

f:id:omayu888:20180720005806j:plainf:id:omayu888:20180720005803j:plain

ヌメにニベア

週末にcreemaで頼んでおいたヌメ革の文庫カバーが届いたので早速使い始めた。いい、すごくいい。表からみると縫い目が見えなくてすっきりしてるんだけど、しおり代わりのオレンジのワックスコードが二本ついていて、実用的かつおしゃれ。今まで使ってたカバーは幅5mmくらいの紐がちょうど真ん中あたりについていて、挟むと幅があるぶんV字に折れ曲がり、本が閉じにくいのが気になっていたのだけど、紐だとそれがまったくなくって超快適です。穴に通しているだけのシンプルな作りだからうちにある適当なケーブルも使えるし、穴をハトメにしてもよさそう。いつも読んでる途中にわからない単語や気になった言い回しとかをあとで調べようとメモしてましたので、紐がたくさんつけられるというのはとてもありがたいです。それですぐにでも使い始めたいところなんですけど、ヌメ革の場合はまず日光浴を数週間させる必要があるそうで。日光浴により革の油分を引き出してコーティングする、そうすると使用中の手の水分とか油分による色ムラが抑えられる、といった効果があるのでとても大事な工程なんだよ、といろんなところで書かれてるので大事なのでしょうけど、私は待てない、今すぐ使いたい。使いたい欲が抑えきれないため日光浴はパス。油分が目的ならクリームを塗り込めばいいのでは?とひらめき、専用クリームはないのでとりあえずニベアを塗り込みました。色味が若干濃くなり、少しくらいの水分ではシミにならなくなったので成功かな?革専用クリームと比べるとツヤとか劣る部分もあると思うけど、比較するわけでもないし、まあニベアでとりあえず問題なさそうです。それと読みかけの本を入れてみたら、もとのサイズと合わなかったので、折返し部分の位置を調整したのですが、新しいところを折り曲げると、ヒビが入りそうなちょっと突っ張った感じになったんですが、ニベアを塗り込むと、気持ち柔らかくなり曲げやすくなったので、クリームのすごさを感じています。とりあえずブックカバーがかわいいという報告でした。

f:id:omayu888:20180720011438j:plain
ついでにヌメの財布にも塗り込んだ。使い方が雑だからシミだらけだけどそれもまたかわいい。並べてみると経年変化がわかる。今年の2/4からだから約五ヶ月の使用感。