平凡謳歌

ゆるゆるした日常をここに記す

○○好き

f:id:omayu888:20170812220913p:plain

犬好きに悪い人はいない…とかよく言うけどいるって絶対。わたしの中のこれ系はぼのぼのコジコジ好きに悪い人はいない、だ。あのシュールさにくすりとなる人はみんないい人。とりあえずそういうことにしておけばわたしはいい人のグループにいられる。

知り合いがぼのぼのカフェに行ったと自慢してきた。ぼのぼのは食べるより観るほうが好きだからわたしはアニメでいい。


f:id:omayu888:20170811231258j:plain
2つめのアボカドも順調。

f:id:omayu888:20170811231628j:plain
一方こちらは8/5に咲いたサボテン。

プレゼント

今日から夏休み。
知り合いに会いにいったり、帰りに偶然会ったりでなんだかんだ色々もらった。ありがたやー。

f:id:omayu888:20170811230501j:plain
ペンギンの醤油差しとお箸、箸置き、魚の小皿に小さいヒマワリブーケ。ぜひ刺し身を食べてくれとの指示だったので帰りに真鯵を買った。

f:id:omayu888:20170811230459j:plain
プラムのケーキ。ひとりなのだが他に@2つある。桃のショートケーキと南国フルーツのタルト。毎日1つずつ食べる予定。

死神の精度

6つのお話が収録されいる短編集。ひとつひとつ捻りがあって楽しめたけど個人的にはやっぱり長編がいいなー。

俺が仕事をすると、いつも降るんだ
死神は雨とともに現れる——彼の7日間の調査で対象者の生死が決まる。様々なスタイルで語られる6人の人生。人気作家の傑作短篇集

死神の精度 (文春文庫)

死神の精度 (文春文庫)