平凡謳歌

ゆるゆるした日常をここに記す

パナップ

おやつにパナップを食べました。
いつもはグレープ味ですが、昨日私が最後のグレープを食べてしまったので、今日は仕方なくキウイ。

乗り気ではなかったキウイですが、食べてみてびっくり。
種のぷちぷち感。甘酸っぱさ。ほのかな舌のぴりぴり感。
作られたキウイの味ではなく、キウイそのもののフレッシュな味にものすごく近かったのです!
色もライトグリーンが爽やかきれい。

子どものころからグレープ一択。
他のは邪道よ!と敬遠してましたが、たまには新しい味を試してみるのもよいものですねぇ。
食わず嫌いでした。

キウイはまだ在庫がたくさんあったので、しばらく食べれそう。

パナップって昔はソース部分がハートの柱状でしたよね。
「一口ちょうだい」と言われて、ソースのとこあんまりたべるなよーと念を送ったのを覚えています。
今は均等になったので、あのころのようなどす黒い念を送らなくていいのですね。

少し前まではうすーいホワイトチョコがサンドしてありました。
昔からあるパナップですが、ちゃーんと今でも改善し続けてるんですね。
私もいつまでも、ぼけーっと生きてちゃいけないなーとパナップを食べながらぼけーっと考えていたのでした。

パナップ@グリコアイス
http://www.glico.co.jp/ice/panapp/

- - -

今日はトマト煮込みでした。

f:id:omayu888:20170628231727j:plain

最近野菜が足りてないので思い切って肉なしで。
トマト、ナス、セロリ、キノコ数種、玉ねぎ、ジャガイモが入っています。 お肉やお魚はお昼に食べることにしたのです。

ヨーグルトポムポムの作り方

リンゴがあるので今週もポムポム。

暇だったので作り方まとめてみました。

f:id:omayu888:20170625233952j:plain


材料

f:id:omayu888:20170625234159j:plain

りんご        1個

生地
 たまご        2個
 ヨーグルト      150g
 砂糖         大さじ5
 小麦粉        100g
 ベーキングパウダー  小さじ1(3.5g)
 サラダ油       40cc

バター(あれば)   器に塗る分だけ

ベーキングパウダーは↓これだと1袋が3.5gで1回分なので便利です。
f:id:omayu888:20170625234814j:plain:w200


道具

ボウル
はかり
泡立て器
オーブン
器(耐熱だったらなんでも)


作り方

1.生地の材料をボウルにいれて混ぜます。

途中途中で混ぜながら材料を入れていくと、混ぜやすいかと思います。
生地は結構さらさらです。

f:id:omayu888:20170625235301j:plain

2.オーブンの予熱を始めます

200度で時間は適当にぐいっとまわしておきましょう。

f:id:omayu888:20170625235614j:plain

3.器にバターを塗ります

くっつき防止と焼いたあとにまわりがこんがりバター風味でおいしくなります。
バターが嫌な人はワックスペーパーをひいておけばよいと思います。

f:id:omayu888:20170625235851j:plain

4.りんごを切ります

りんごを細かく切っていきます。
切り方は好みですが細かいほうがあとでナイフで切り分けやすいので私は好きです。
皮もお好みで剥きましょう。私は皮も食べます。
上に飾りで乗せたい場合は薄切りを数枚残しましょう。

f:id:omayu888:20170626000034j:plain

5.生地を流しりんごをのせます

生地→りんご→生地の順に器に流していきます。
りんごはこんもり入れましょう。
もし大玉のりんごで多すぎたら入れずに食べちゃってください。

f:id:omayu888:20170626000539j:plain f:id:omayu888:20170626000436j:plain f:id:omayu888:20170626000437j:plain

焼きます

りんごを切っているといい感じに予熱がちょうど終わる頃かと思います。
200度で30分焼きます。

f:id:omayu888:20170626000839j:plain

できあがり

30分後・・・できあがりです!

f:id:omayu888:20170626000955j:plain


いただきます

中のりんごが水々しいので、中はしっとり、外はバターでかりっとしていておいしいです。
今回は上にりんごを乗せていませんが、乗せたほうが見栄えはいいですね。

f:id:omayu888:20170625233952j:plain

ちなみに具はりんごだけでなく、パイナップルもありです。
ただ「ポムポム=りんご」なので、「ヨーグルトパイナポー」になってしまいますが(笑)

芋の根

いつだったか棚の裏に落ちてたサツマイモ。

水につけておいたのですが、ぐんぐん根が伸びまして今こんな感じです。

f:id:omayu888:20170625004229j:plain
5/24の芋。少し根がでてきました。

f:id:omayu888:20170625004231j:plain
5/31の芋。根っこがぐいぐいでてきました。1週間でここまで根っこがでるとは・・

f:id:omayu888:20170625004030j:plain f:id:omayu888:20170625004031j:plain
6/24の芋。一ヶ月も経つとビーカーじゃ収まらないので別の器に移しました。その器も今ではいっぱいの根っこ。

葉っぱまでわさわさしてきて、もう少ししたらツルが食べれそうです。
ツルは油炒めにしたらおいしいと聞きました。

ちょっと楽しみ。

- - -

今日もうどん。

f:id:omayu888:20170625012106j:plain

あご出汁

職場の売店で長崎フェアが開催されていました。
カステラやちゃんぽんなどザ・長崎な品物の中で、私は「あご出汁」をチョイス。


350円でした。相場は500円ほどなのでだいぶ安く買えました!

今晩はこの出汁をさっそく使ってうどんにしました。
お湯にこの粉末をぱさーっと入れるだけで、あっという間にうどんのお汁ができました。
あとは冷蔵庫でくたびれていた、ネギ、ほうれん草、もやしを入れて、レンジでチンした冷凍うどんにかければできあがりです。

f:id:omayu888:20170623234414j:plain

夜はまだ寒いので、じわ~っとうどんの温かさが染み入り幸せ。

お出汁は魚臭いのかなーと思ってましたが、そんなことないのですね。
カツオなどに比べるとすっきりしてる。
でも味はしっかりしていて、なんとも上品な味でした。
全部飲めないのがもったいないくらい。

うどんだけでなく、チャーハンや炊き込みご飯などに使っても、おいしいと思います。

少しアゴについて調べてみました。
・「あご」はトビウオのこと。九州での呼び名のようです。
・あご出汁はトビウオを焼いて乾燥させたもの。
・出汁の中では高級品。

ほほう。もっと買っておけばよかったかな。

毎日カレー

日曜にカレーを仕込み、3日連続で食べ続け本日完食。
毎日同じメニューでも誰にも文句を言われないところが一人暮らしのいいところですよね。

1日目、2日目は普通のカレーライスで。

f:id:omayu888:20170623000753j:plain
f:id:omayu888:20170623000754j:plain


3日目は少なかったので、卵を落としてチーズをかけて、焼きカレーにしました。

f:id:omayu888:20170623000755j:plain

うちのカレーの具には、じゃがいもは入れません。
人参、玉ねぎ、舞茸、鶏肉がレギュラーメンバーです。
最近はウィンナーにもはまっていました。
粗挽きを1cmくらいに切って入れると、ぽりぽりしておいしいのです。

無水鍋で具をしっかり痛めてから蓋をして、しゅぽしゅぽなるまで強火。
そのあとは数分弱火で火を通し、蓋を開けて具の半分ほどまで水を入れて、カレールーを投入。
あとはスパイス足したり、ウスターソースケチャップなどを気分で入れたり入れなかったり。
昔はコク出しのためにチョコやコーヒーを入れたりしていましたが、面倒なのでやめました。

ルーは業務用のこれを使っています。

S&B ディナーカレーフレーク 1Kg

S&B ディナーカレーフレーク 1Kg

市販の固形のだと細かい量の調節ができませんが、これならスプーンですくって、さらさらーと入れるだけなので、調節できて便利です。

そうそう、今回のカレーはいつもよりなんだか少しおいしくなかったのです。
具は大きくかわったわけではないので原因わからず。
パンチのないぬぼーーっとした味でした。
次はガラムマサラでも加えてみますかね。

近々またリベンジします。